SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

櫻井喜次郎

櫻井喜次郎

DJ/プログラマー
98年にDJとしてデビュー以来、大阪を中心に数々のレギュラーイベントを主宰。 そのカリスマ性の高いプレイが認められ、関西でトップDJの地位を不動のものとする。
DJ活動においてはオールジャンルで非常に評価が高く、 中でもJazz、Crossover、Latin、Soulを得意とし、常に希少性の高い選曲には定評がある。またパフォーマンス力の高く流れるようなテンポで構成されるミックスを持ち味とし、 自身が作り上げる空間はまるで一つの作品の様である。 このような繊細且つパワーあふれる芸術的なプレイを得意とする。
その他『Milford Sound』名義にて、「Chega de Saudade」を始めとし、 数多くのコンピレーションCDに楽曲を提供。
同名義にてアナログEP「Love song EP」をリリースするも、発売と同時に完売。
現在は東京にてMusic Production Company「Tres」を設立。 業界から非常に注目されているイベント「Tres Elementos」のオーガナイザーとしても活躍。 同時にJAZZ、BRAZIL、LATIN等、次世代のダンスミュージックを追求する為に松岡”matzz”高広(quosimode)、中村祐介(Blu-swing)と「Tres-Men」を結成。渋谷「JZ Brat」を中心として活動している。
2011年7月 dish upより自身3枚目のMix CD 「After Jazz Session VOL2」をリリース。