SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

漢 a.k.a. GAMI

漢 a.k.a. GAMI

昭和53年生まれ。大日本帝国・東京は新宿をリプレゼントするラッパー。声、フロウ、リリック…一度聴いたら忘れられない日本語ラップのオリジネイターの1人であり、既存のどのスタイルともまったく違う新たなヒップホップを日本に起こしたA級戦犯の1人。
2002年6月新宿拡声器集団MSCの初のEP『帝都崩壊』をリリース。同年B-BOY PARKのフリースタイルバトルで優勝。決勝は般若との歴史に残る名勝負だった。
2003年にMSC1stフルアルバム『マタドール』をリリース。
2005年に待望にして歴史的傑作となった1stソロ・アルバム『導~みちしるべ~』、その翌年MSCの2ndフルアルバム『新宿STREET LIFE』をリリース。その後、レコーディングは客演に絞り、ライブ中心の活動に専念。全国にその名を知らしめる。
2012年、ICE DYNASTYのG.Oがプロデュースする上野キャッスルレコードの企画でDJ
GATTEMによるストリートミックス『HURTFUL』をリリース。そして、約6年半振りとなる2ndアルバム『MURDARATION~フルボッコ~』を自身のレーベル鎖GROUPからリリース。
2014年、西早稲田にスタジオとカフェを併設する鎖オフィスをオープン。10タイトル連続リリースepのトップを飾る『9sari』をリリース。
2015年MSCの9年ぶりの新作『1号棟107』を発売し、シーンを賑わせている。また6月下旬、自伝本にして日本のヒップホップシーンの壮絶なリアルを描く前代未聞のドキュメント『ヒップホップ・ドリーム』を発売。
同じく6月から日本一のMCを決める大会『UMB』をスタート!9月の決勝大会を機に『KING OF KINGS』として新たに再始動させる。また9月末よりTV朝日で始まったヒップホップ番組『フリースタイルダンジョン』に出演中!
2016年初頭、加藤紗里や田代まさし出演の動画作りで話題に。7月からAbema FRESHにて毎週火曜日D.Oとともに「漢たちとおさんぽ」放送中。現在ニューアルバム制作中!
DJ KRUSHを筆頭に、名古屋のHAZU、盟友DJ BAKU、シーンの話題をさらったR-RATED RECORDプレゼンツSKI BEATSプロデュースによる「24 bars to kill」の参加、DJ MUNARIプロデュースでSTYLES Pを客演に招いた「Graind」、ジャズバンドCRO-MAGNONとのコラボなど、多くの一流プロデューサー陣の客演をこなす。
ラッパーへの客演もシンゴ西成、Bes、SEEDA、ANARCHY、AXIS、RUMI、RYUZO、剣桃太郎、籠獅、STICKY、Zone The Darknessなど多岐に渡り、MINMIなどメジャーで活動するシンガーとの共演など、そのスキルへの評価はアンダーグラウンドにとらわれない。