Notice: Undefined index: lang in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-tag.php on line 2
A. Mochi | SOUND MUSEUM VISION
Notice: Undefined index: event in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-url.php on line 4

Notice: Undefined index: event in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-url.php on line 7

Notice: Undefined index: event in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-url.php on line 7

Notice: Undefined index: lang in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-url.php on line 16

Notice: Undefined index: lang in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-tag.php on line 2

SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

A. Mochi

A. Mochi

東京を拠点にライブアクトやDJとして活動し、重戦車、サブベースマスターと称される重厚な楽曲がトレードマークの日本人テクノ・プロデューサー。 そしてLen FakiのレーベルFigureの中心アーティストの一人として多数の作品をリリースしている。 Luke SlaterのMote-Evolverから12インチデビューし、Francois K.のWaveTecなどからコンスタントにリリースを重ねる。2008年にLen FakiのレーベルFigureと契約しリリースされた多数のEPはいずれも話題となり、2010年にはファーストアルバム Primordial-SoupをFigureからリリースしている。 その楽曲はクラブミュージックで世界トップ・シェアを誇る BeatportのテクノシングルチャートTop10に4曲ランクインさせるなどその快進撃は続いている。 リミックス音源も多く、不朽のテクノ・クラシックDave ClarkeのWisdom To The Wise(Red2)/BoysNoizeのリミックスを手掛けた他、 Sven VathのCocoon、Christian Smithの Tronic、System7のA-Wave、DubfireのSCI+TECなどから彼のリミックスがリリースされており、オリジナルも含め20枚を超える12インチをリリースしている。 Chris LiebingのレーベルCLRのポッドキャストにミックスを提供するなど、ヨーロッパを中心に常に国内外からの高い注目を集めている。 石野卓球がオーガナイズするWIREや日本各地のクラブ、フェスティバルへの出演に加え、2010年にはベルリンのBerghainやフランス、スイス等へ初のヨーロッパツアーを行う。翌年以降もオランダのSolar Weekend FestivalやBerghainに2度目の出演をした他、ロサンゼルス、北京、台湾のアジアなど海外での活動も精力的に行っている。 その重量級テクノで、世界のシーンを揺さぶることができる日本人プロデューサー、A.Mochi。その名を覚えておいて、損はないだろう。