SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Alex Smoke

Alex Smoke

02年、S.U.D.からのリリースでデビュー以降、常に斬新なエレクトロニックサウンド を送り出してきたAlex Smoke。名門Soma Recordsよりリリースした2枚のアルバ ム”Incommunicado”と”Paradolia”で注目を集め、瞬く間にトッププロデューサーへの 階段を駆け上がって来た気鋭のアーティストであり、代表曲”Chicca Wappa”や自身の ヴォーカルを収録した”Don’t See The Point”など、既存のジャンルのくくられるこ とのない独創的な世界観を創り出している。
音楽の先生である母親の影響により、幼少からトレーニングを続けてきたクラシック 音楽をバックグラウンドに、Basic ChannelやModel 500といったtechno、さらに はchicago house、hip hopといった多様なダンスミュージックを吸収してきたAlexの サウンドは、精巧さと大胆さが同居した独自のスタイルに仕上がっている。リミキサー としてもオファーが絶えず、これまでにSteve Reich、Depeche Mode、Mylo、Funk D’Void、Jay Hazeといった多様なアーティストの作品のリミックスを手掛けている。 2010年上旬にリリース予定の待望のニューアルバムLuxから先行でリリースされた” EP of Infinite Affliction”(Hum+Haw)では、深みを増したサウンドを展開し、アー ティストっとしての更なる進化を見せ付けている。
そんなAlexのプロデューサー/リミキサーとしての才能の奥深さ、幅広さを存分に体 感できるライブセットは世界中から評価され、多くの人々をトリコにしてきている。