Notice: Undefined index: lang in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-tag.php on line 2
Astronomar | SOUND MUSEUM VISION
Notice: Undefined index: event in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-url.php on line 4

Notice: Undefined index: event in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-url.php on line 7

Notice: Undefined index: event in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-url.php on line 7

Notice: Undefined index: lang in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-url.php on line 16

Notice: Undefined index: lang in /home/sites/heteml/users/v/i/s/vision-tokyo/web/vision/admin/wp-content/themes/vision/inc/lang-tag.php on line 2

SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Astronomar

Astronomar

アラスカの小さな町で経験を積んだAstronomarはSteely Dan、MF Doom、SwitchやMr. Dibbsらを含むジャンルレスなレコードコレクションに思いを寄せる。

2013年にロサンゼルスに拠点を移した後、すでに彼はアメリカクラブシーンで中心となり、Wax Motif & Neotericの”Go Deep”のリミックスが、BBC Radio 1 Essential MixにてSkrillex & Boys Noizeにプレイされ人気が爆発。このリミックス効果で、【Mad Decent】や【Fool’s Gold】、【OWSLA】、【Dim Mak】、【BNR TRAX】などの影響力のあるレーベルからリリース。そして、Crookersの1人 Botと共同設立した【MAIN COURSE】からも数々のヒット作品をリリース。What So Not、RL Grime、UZなど注目のアーティスト達のリミックスを手掛け、世界中を熱狂の渦に巻き込んだ。アメリカに【MAIN COURSE】のデザインTシャツを放つファンがいなければ、ダンスフェスティバルは間違いなく存在していないだろう。

2015年には、オーストラリアのヘッドラインツアーを皮切りに世界中を周り、EDC Las VegasやHARD Day of The Deadのメインステージでもプレイ。その上、Zeds Deadのヘッドラインツアーサポートに抜擢。

2016年さらに勢いを増し、AstronomarはEDC Las Vegas、Nocturnal Wonderlandでプレイ、そしてジャパンツアーで【MAIN COURSE】の3周年記念に登場したのは記憶に新しい。2017年もEDC Las Vegasに3年連続で出演を果たし、8月に2度目のジャパンツアーを敢行。

【MAIN COURSE】から最近リリースされた”Truth Potion EP”から”Earth Tones 2”を【NEST HQ】が特集したのは言うまでもないが、Astronomarは常に新しくエキサイティングなサウンドを先取りし、真の革新者として、シーンの境界線を押し上げている。