SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Boston Bun

Boston Bun

16歳の時に見た、Chemicals Brothers、The Detroit Grand Pubahs、Basement Jaxxなどのミュージックビデオを通してエレクトロニックミュージックを知り衝撃を受けた。

数年後、自宅のベッドを活動拠点とし楽曲制作に専念、2012年に最初のオフィシャルリミックスの製作を終え、月に2回クラブでミックスを披露した。その後 Pedro Winterと出会ったのをきっかけに、最初のEPの制作を始めた。2012年11月、フレンチ・エレクトロ・シーンの最先端を走り続けている有名レーベル「Ed Banger」」より初のEP『Housecall』をリリースした。リリース後、ラフなハウスサウンド、ほこりっぽいベースライン、ダイナミックなボーカルは人々に衝撃を与え、ロンドンのXoyo、バルセロナのRazzMattaz、東京のWomb、アテネのPix ClubやBoiler Roomなど世界中のクラブやフェスティバルで引っ張りだことなった。2013年の終わり頃、Ed Bangerより第2作目となるEP『Flasher』をリリースした。 クラブ向けに制作された楽曲はBBC1、Le Mouv、France Interなどの世界中の有名ラジオ局で再生され、さらには、2manyDjs、Skream、Duke Dumont、Erol Alkan、Surkin、Boys Noize、Daniel Averyなどエレクトロシーンの中で最高といわれるDJらにプレイされた。

シカゴ・ハウスの影響を受け、常にクラブで踊ることを想定した独創的なサウンドは、フレンチ・エレクトロ・シーンの中で金字塔を打ち立て、フランスを代表する最重要プロデューサーのひとりとなった。