SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Brenna Ryan

Brenna Ryan

Brenna Ryanは日本生まれ育ちのアメリカ人。山形育ちで4年間京都に住み、現在は東京都。京都に住んでいた間にDJ活動を始める。小さい頃から音楽に熱心があり、人と同じことが嫌いであった。独自の見た目のギャップを活かし、小学生の頃に津軽三味線を始める。そして、アンダーグラウンドシーンに入り込んだ頃からすぐにその世界に惹かれていった。多くのフェスティバルに行き、インスピレーションや様々なスピリチャルな経験を得ながら自身のDJに影響を与えた。テクノにすぐ夢中になり、mixを製作。自分自身のユニークなバックグラウンドを活かした、独特なダーク且つエレガントなミックスを繰り広げる。次のプロジェクトは自分自身のトラックをプロデュースすることだ。現在は、東京に住みながら、自分の心に火をつける、パッションであるテクノDJとして活躍をしている。