SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

KANGO

KANGO

1980年代後半からHIP HOPを聞き始めNYに行き本場のCLUBシーンに衝撃を受け活動をスタートした東京を拠点とするDJである。ダンスフロアから発信する彼独自のジャンルレスなスタイルが人気で,数々のパーティーでレジデントDJをつとめる傍ら日本国内のみにはとどまらずNY、MIAMIやアジア等世界各国でゲストDJとして招かれ多方面から高い支持を得る。現在クラブDJとしての地位を確立し、その存在感を不動のものとしながら日本のCLUBシーンに多大な影響を与え続けている。CLUBの現場にとどまらずファッションブランドのパーティーや雑誌、企業のインターナル、ロンチ、レセプション等にも参加し活躍中。渋谷を中心にHIP HOP PARTYでプレイする一方でROCTRAXのメンバーで、日本のハウスダンスのオリジネータの一人である。現在DEEP HOUSE、GARAGE、NU DISCO、TECHNO、ELECTRO等を彼独自の感性で自在に操る一面もあり、他ジャンルを嗜好する音楽ファンをも魅了し新しいサウンドの追求を怠らず常に進化し続けている。