SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

DJ KIYO

DJ KIYO

1974年生まれ東京出身。1992年よりDJとしてのキャリアをスタート。ドラムミュージックとしてのHIP HOPの精神を軸に独自のメロディーセンスとグルーヴ感と直感を頼りにジャンルレスに展開されるその世界観はフロアーにまるで音楽という名の一大絵巻を眺めているような感覚を与える。細分化の進むアンダーグラウンドシーンの中でも常に異端児的存在として唯一無二なスタンスをキープし続けている一人である。2005年に地元東京を離れ沖縄に移住、DULO名義によりインストゥルメンタルの可能性を模索した1stアルバム「MILLION WAY OF LISTEN」をリリース。今後もアンダ−グラウンドなスタンスをキープしつつ過去と未来を音でつなぎ続けたいと心から願うDJ兼プロデューサーである。