SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

NATSUMI

NATSUMI

毎月、日本全国各地や海外にてゲスト出演をし

数多くのジェネレーションDJの中でも、一際目を惹く存在であり、トップクラスの知名度と多くのファンを持つ。

Twitterフォロワー数、約5万4千人。(2016年10月現在)

東京を拠点として活動するNATSUMIは

中学生からダンサーとして活動し、ダンススタジオでのインストラクターや、イベントでのショーケースへ出演するなど学生時代からDance Musicに触れていた。

それをきっかけに2014年ターンテーブルと出会い、19歳からCLUB DJとしての活動を始める。

DJを始めた当初は地元である福岡県、九州最大のCLUB街、親不孝通りにて約1年半圧倒的な現場数をこなしながら活動をし、更なる活動の為上京、現在は東京を拠点として活動している。

彼女の持ち味は、ダンサーとして培った音楽的センスを生かし

幅広い音楽ジャンルの知識や、選曲、グルーブ感などのスキル、オリジナティー溢れるMashup, Edit等がフロアにいる観客を瞬く間にヒートアップさせる。

Hiphopの歴史を語る福岡県でアンダーグラウンドからの経験を積み、

海外で経験したオーバーグラウンドでのEDM, House, Bass Music 等の知識を得て、世界で日々生まれる新しいサウンドを即時に共有し、

国内ではまだDance Musicに触れることが少ない層にも音楽の楽しさを伝えるため、老若男女問わず観衆を沸かすプレイをする。

持ち前のストイックな姿勢や、多彩にプレイ出来るその才能を認められ数々のクラブイベント、野外フェスティバルに出演。

10代で国内外数多くのビッグアーティストと共演を果たす。

その活動は拠点だった福岡に留まらず、北海道から沖縄まで全国へと幅を広げゲストDJとして招かれるようになった。

全国主要都市からゲストDJが集結したイベントにも九州、福岡県代表として出演を果たす。

また、2015年(当時20歳)に韓国ソウルにて開催された『KUMF』野外フェスティバルにゲスト出演。

翌年の2016年にはフィリピン セブ島No.1クラブ『Liv Super Club』にゲスト出演。

インドネシア ジャカルタTOP Club『Empirica』にゲスト出演。

日本だけではなく、海外にも多くのファンを持つ。

ジャンルは主にEDM・Bass・Hiphopを中心にプレイする。スキルだけでなく、オーディエンスを熱狂の渦に巻き込むパッショナブルなプレイやパフォーマンスも人気のひとつである。

従来のDJの文化に改革を起こすような、”魅せるDJ”をコンセプトに、MCやパフォーマンス、衣装やコスチュームを着てPlayする斬新なスタイルが幅広い世代から高い人気を誇る。

DJ melと共にGirls DJ Unit【TIDY】としても全国各地・海外にて活躍中。DJの意外性を生かした容姿とのギャップに、海外で得た知識を生かした選曲やスキルで女性DJの中でも一躍脚光を浴びている。

ラジオやメディアにも多数出演し、彼女のMixをあげたMixcloud, Sound Cloudでは約5万回の再生回数を誇る。

楽曲制作にも積極的に活動し、2015年にはTIDYとして自身のオリジナル楽曲を2曲含むMix

『TIDY COLLECTION 〜BEST PARTY MIX〜』を全国リリース、待望のメジャーデビューを果たした。

初のオリジナル曲【Festival】【Magic Kingdom】も同時リリース。

なんとiTunesにて初登場アルバムランキング第一位を獲得した。

3ヶ月にわたるJAPAN RELEASE TOURを行い、都道府県20ヵ所でのリリースパーティーを開催。延べ約1万人を動員する。

彼女の楽しそうに笑顔でPlayするスタイルは見るものに幸福感を提供していく。

今最も勢いのあるDJであり、今後の活躍に目が離せない次世代のシーンを担うFemale DJの一人である。