SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

DRUNKEN KONG

DRUNKEN KONG

DRUNKEN KONG は、2011年にAGEHAでデビューし、以来渋谷のWOMB 、VENT、SANKEYS TYO、CONTACT TOKYOの他、地方 や海外 などで 数々のLiveをこなす。 2015 年から毎年、Christian Smith のレーベルの Tronicから EPとコンピレーションをリリース。更に Monika Kruse のレー ベルの Terminal M や、Boris のレーベルのTransmit、Sianのレーベルの Octopus Recordings、プログレッシブハウスでも有名な Dave Seamanの Selador など TOPレーベルから多数リリース 。 日本のレーベルの Session Wombなどからも EPをリリースし、反響を呼 んでいる。 特にTronicからの【To The Piece】と Terminal M からの【 Chanted】 は 、Beatport でテクノ EP チャート2位を獲得。 2017年 2月の時点で、全7曲 のオリジナルトラックが、 Beatportのテクノチ ャー ト 100位以内にランク インを果たす。 更に2017年にTronicか らリリースした1st Albumは、 世界 30カ国以上のメディアに取り上げ られ、アルバムチャートで3位まで浮上、 テクノアーティストとして 、世界ランク19位も獲得し、世間を揺るがせた。 昨年リリースしたOctopus Recordingsからの初のEPは、 見事 beatport technoチャートのTOP10入りを果たした。 また日本のテクノ レジェンドの KEN ISHIIとのコラボ 曲が2曲入ったEPがTronicからリリース され、こちら もTOP100位にランクインをし、更に 国内外の反響を呼んだ。
楽曲は、Carl Cox, Adam Beyer, Christian Smith, Monika Kruse, Pan Pot, Noir, Uto Karem,2000 and one の他、 Deadmau5など の TOPア ーティス トのplayにも使用され、サポート を受けている。
2016年から毎年 ADE(アムステ ル ダ ム •ダ ンス •イベント)にも出演。そ して2017年の SONAR OFF WEEK にも 出演 し、フロアーが湧くPLAY を 見せて多くのお客を魅了 した。それ以降、 南米を筆頭にオ ーストラリアツ アーや、カナダ、アジアツアーも 成功を納め、2018 年 のULTRA JAPANや イビザのクロージング パーティーなど、世界中で 活躍を見せている。 日本 でもクラブイベントのみならず、TV TOKYOの番組『BONSAI meets the world』や、GINZA SIXのオープン記 念パーティーなどに も出演してい る 。 DJ、エンジニアの経験を十分に備え、進化する音を追求するこの DRUNKEN KONG を、是非一 度堪能していただきたい。