SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

EGO

EGO

18歳の時に単身渡米。ニュージャージーの親友のホームスタジオで、大勢の現地の黒人アーティストが見守る中、初めてラップでのレコーディングを経験する。その時の楽曲が気に入られ、ニュージャージーを拠点に活動するHOODY DOWN RECORDSに所属し、唯一の日本人ラッパーとして活動。その際に制作していたMIXTAPEで、当時人気絶頂期であったDIPLOMATSのUNKASAとも客演を果たす。
帰国後、2010年に自身の1sJtアルバム「EGOLOGY」をリリース。その年のAMEBREAKのアワードも受賞し、好セールスを記録する。その後も、数多くの客演やLIVEをこなし2012年10月に待望の2ndアルバム「EGO」をリリース。2013年、N.O.R.E(Capone-N-Noreaga)来日公演の際は唯一のフロントアクトを務める。2013年12月、JOE IRONをエグゼクティブプロデューサーに迎えた3rdアルバム、「A KID FROM TOKYO」をリリース。2014年8月に劇場公開された園子温監督「TOKYO TRIBE」では出演のほか、役者へのラップ提供、指導も行った。
そして2014年9月 4th アルバム『ISLAND』 を GRAND MASTER からリリースし注目を集め、2015年にリリースした配信シングル「PINEAPPLE JUICE」はスマッシュヒットを記録。2016年8月には待望の5th アルバム『LIVE LIFE』をリリースし話題となる。
GRAND MASTERが誇る最新型日本語ラッパー