SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Egon

Egon

Eothen Alapatt aka Egon。DJシャドウやケブ・ダージ、カット・ケミストらと並びシーン随一を誇るレア・ファンク/ソウル/ディスコのコレクションを有し、数々のメディア等でのジャーナリスト業、そしてコアな音楽ファンから絶大な人気を誇るレーベルNow Againを主宰するアメリカ西海岸きっての敏腕プロデューサー。Stones Throw所属時代にはマネージメント、A&RとしてMadlibやJ Dilla、Aloe Blaccといった著名アーティストをプロモートしサクセスへと導いたのがこの男である。ナッシュヴィルでの大学時代にファンク/ジャズ/ヒップホップなどにどっぷり浸かった音楽中心の学生生活を送り、地元カレッジ・ラジオのDJを経てPeanut Butter Wolfと知り合い、初期段階でStones Throwへ加入。Stones Throwの看板でもあるレア・ファンクやオールド・スクール関連作品に加え自身の幅広い趣味や交友関係からBumps(Tortoise)、Omar Rodriguez Lopez(Mars Volta)等ヒップホップ以外の作品も多く手掛けてきた。自身のレーベルNow Againではレア・ファンク./ソウル/ディスコの世界的名盤の発掘リリースに加えハイクオリティな現行のアーティストを多数手がけ世界中のコアな音楽ファンから熱狂的人気を得ている。