SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

EY∃


EY∃


コンテンポラリーアーティスト。
90年中期よりDJをスタート。当時のNU HOUSEや ,ETHNO BEAT, DISCO EDIT,ACID HOUSEに
影響を受けつつ、エクレクティックに変遷を続け、それらを高速ハイブリッドMIX-CDをDJ光光光の名儀でリリースしている。
メタモルフォーゼ最多出演。
現在までに6枚のMIX -CDとLIFT BOYS名儀で2枚のCD、5枚のアナログをリリースしている。
また、80年中期より、主にパフォーマンスアートの流れからロックグループフォーマットのBOREDOMSを
オーガナイズ。SONIC YOUTHのサポートツアーからスタートし、以後海外での活動が多く、
初期のJUNK MUSICやAVANT JAZZよりの表現から、さらに包括的、根源的な表現へと
変化。ボアドラムのプロジェクトをNYで77台のドラムセット
によりスタート、以後毎年、’08年88台、’11年111台、’13年91台、複数のドラムセットにより、
各国で行う。
アート関係のコラボレーションやエキシビジョン、画集刊行も各国で多数こなってきており、ジャケット制作
もBECKをはじめ多数。