SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Feed Me

Feed Me

世界的な人気を集めるDeadmau5(デッドマウス)主宰・mau5trap(マウストラップ)レーベルにてフィーチャーされた初の外部アーティストとして2008年にデビュー、Feed Meは強烈なインパクトと共に音楽シーンに登場した。彼独自のハードヒッティングでヘヴィーベース、そしてやんちゃさが加わったエレクトロ・サウンドは、瞬く間に世界中のリスナーの注目をさらった。話題を集めたミックスやシングルをリリースし成功をおさめ、彼はサウンドとスタイルに磨きをかけた。そして2010年にリリースされたファーストEPで国際的な称賛を浴びた。8曲を収録した『Feed Me’s Big Adventure』は、すぐに6曲がBeatportでトップ10入りとなり、幅広いエレクトロニックミュージックファンたちのミュージックコレクションに名を連ねた。相次ぐフェスティバル出演やDeadmau5のサポートにより、この攻めのモンスターアーティストのエレクトロニック・ダンス・ミュージック・シーンでの成熟を象徴し、増え続けるファンにエネルギッシュなサウンドを届けた。その後も彼の活躍や続く。忙しいツアースケジュールの中でも、多くのアーティストのプロデュースを行う。Exampleのサードアルバム『Playing in the Shadows』に収録の「Midnight Run」と、Kornの最新アルバムに収録の「Bleeding Out」をバックアップし、彼はスタジオにおいてもさまざまなスキルを見せた。4曲が収録されたEP 『To The Stars』と直近の『Feed Me’s Escape From Electric Mountain』は、彼の比類ないエレクトロハウスからダブステップまで全てを用いたサウンドを更に深く掘り下げた。Two Door Cinema Club「What You Know」のFeed Meによるカヴァーバージョンは2011年最後にHype Machineチャートで1位を獲得し、彼の成長と成功を証明した。同時に彼は、Alexandra PalaceからI Love Technoまであらゆる場所でツアーを続ける。急増する今年のツアースケジュールは、『With Teeth』ツアーを含め、Coachella、 Wireless、Globalのフェス出演など、多くのアメリカ公演を行った。 まだまだ多くの切り札を密かに用意している彼の勢いは当分減速しそうにない。ここ日本でも2013年夏、FUJI ROCK FESTIVAL’13に初出演。最大収容人数を誇るGREEN STAGEででヘッドライナーのビョークの後にプレイし、プレッシャーをものともせず、会場をダンスフロアーへと一変させ、多くの観客に鮮烈なインパクトを残した。そして昨年10月、自身が創設した新レーベル「Sotto Voce」(ソット・ヴォーチェ)からニューアルバム『Calamari Tuesday』(カラマリ・チューズデー)をリリースし、大反響を得る。