SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

FEMM

FEMM

東京や横浜を中心に、大阪、京都など関西にも突如として現れ、ツイッターで「マネキンが動いてる」「人形がロボット歩きしている」などの目撃情報が寄せられていた神出鬼没の女性2人組、いや、2体組『FAR EAST MENTION MANNEQUINS (通称:FEMM / フェム)』の全貌がいよいよ明らかになってきた。

ハリウッド映画さながらのド派手なティザー映像に始まり、ほぼ無名にもかかわらず、国内外の人気アーティストが集う都市型フェス『NO BLUR CIRCUIT』でパフォーマンスを行ったり、引く手あまたの映像制作集団『IKIOI』と振り付け集団『Hidali』のタッグで制作された『ピンク・レディー』の代表曲『UFO』のあまりに予想外なカバー企画 (トラック制作には『Diplo』のRemixなどで話題の『sfpr』も参加)など、一部でマニアックな支持を得ている彼女達。

しかし、『FEMM』自体が、ダンサーなのか、パフォーマーなのか、歌手なのか、その詳細は一切、語られてこなかった。そんな中、初のオリジナル曲、つまりデビュー曲『Astroboy feat. Honey-B & W-Trouble』がミュージック・ビデオという形でオフィシャル・サイト上に発表され、ようやく彼女達が歌って踊るダンス・デュオであることが明らかとなった。

今作でも振り付けを担当したのは、前述の『Hidali』。これまでに『The Black Eyed Peas』の『will.i.am』や『Missy Elliott』、『WORLD ORDER』を手がけ、『ユニクロ』の『MIX PLAY』でも独創的な発想で人々を魅了してきた『野口 量』率いる最注目のコレオグラフ集団だ。そこに数々のトップ・アーティストのミュージック・ビデオを手がける気鋭『IKIOI』のアイデアが合わさり、これまでに見たことのない奇妙でスタイリッシュな映像が生まれた。真っ白い世界で、ラバー製の特注コスチュームで無表情に歌う『FEMM』も、一度見たら忘れられない強烈なインパクトを放っている。

さらに、楽曲のプロデュースは、『LADY GAGA』や人気急上昇中の『ICONA POP』を手がける『Brian Lee』によるもの。今後も世界トップ・クラスのプロデューサーからの楽曲提供が続々と決定しているとのこと。詳細は、是非、彼女達のオフィシャル・サイトでチェックしてみて欲しい。『twitter』や『facebook』で無料でアカウント登録をして閲覧するという、これまた非常に凝ったつくりで、新しくてワクワクする仕掛けがたくさん用意されている。デビューEP『Astroboy EP』は、4月2日に配信のみで発売。音や映像はもちろん、何もかもが規格外のマネキン2体に世界が夢中になる日は近い。

FAR EAST MENTION MANNEQUINS オフィシャル・サイト: