SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Frasco

Frasco

タカノシンヤ(曲・企画)と峰らる(歌・デザイン)を中心とたメタポッププロジェクト。
バンドでありクリエイターチームという特殊な形態をとり、ナギー a.k.a kentaro nagata(エンジニア)、Naz Chris(キュレーター)、yorocine(映像)、Sota Suzuki(VJ)、大江よう(衣料部)をチームメンバーとして擁する。音楽のみならず映像やアパレル等多角的にクリエイティブを展開し、現実と非現実のミックスをコンセプトとして活動を行う。
2015年秋~2016年春にかけJ-WAVE RADIO SAKAMOTOにて計3回楽曲が優秀作品として紹介され坂本龍一、ユザーンに賞賛される。
2017年1月18日に配信限定で“Theatre”をリリース。同曲はAR三兄弟 川田十夢がプロデュースした六本木ヒルズ展望台「星にタッチパネル劇場」の主題歌として制作され、Frascoは同イベントの効果音も担当した。その後、Sportify「Viral 50チャート」日本版DAILYでJamiroquaiに次ぐ4位に入るなどスマッシュヒットを達成する。
同年EP2枚『Contact』『Viewtiful』をCDとして全国リリース、東京大阪福岡の三都市を周るツアーとリリースパーティーを行う。
2018年2月~6月の4ヶ月間 で、10曲連続配信シングル”シンバム”プロジェクトを敢行、Spotifyでは総再生数23万回以上という結果を得る。
その他にもNHKへの楽曲提供や大手企業のCMソング制作など活動の幅を広げる。