SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

GILDAS

GILDAS

ユースカルチャーの新しいタイラントとなったKitsuneブランドのミュー ジッ ク・マスターマインドであるGildas Loaecは、Daft Punkのマネージメントを 10年以上にわたり務めていた2001年に、当時建築事務所で働いていた黒木理也 とチームアップし、音楽/ファッション・レーベルであるこの Kitsuneを発足させた。
音楽レーベルとしてはTei TowaのTOM BROWNEのカバー曲である「FUNKIN’ FOR JAMAICA」の12 インチリリースを皮切りに、2003年には初のコンピレーショ ン『KITSUNE LOVE』をリリース。DAFT PUNKは勿論、TREVOR JACKSON、F.P.Mなど の楽曲を収録し、シーンに強烈なインパクトを与えた。
翌年、リリースされた『KITSUNE MIDNIGHT』には、BLACK STROBE、COSMO VITELLIなども参加し、大ヒット。その後も『X』『FUR』などのコンピレーショ ンを経て、今では大ヒットシリーズとなった、『KITSUNE MAISON』シリーズをリリー ス。ジルダの嗅覚と幅広いネットワー クのみでコンパイルしたシリーズのカタログは現在では11を数える。
当時無名であったDigitalism、La Roux、Autokratz、Two Door Cinema Clubらの現在の活躍をみればその、その鋭さは明確である。
彼のDJセットは、ダンスフロアの定番と、現在進行形でシーンに必要な音楽できっちりと構成される。ヒット メーカーとしての才能をフルに発揮し、時代のトレンドが 彼の後を追うように、我々はしばらくしてそのセットの内容に納得する。エレクトロニックダンスサウンドとインディーロックの現在と未来は常にジルダによっ て導かれているようなものなのだ。