SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Guilty Simpson

Guilty Simpson

ギルティ・シンプソンはクールGラップやビッグ・ダディ・ケイン、スカーフェイスなどに影響を受けながら、デトロイトのローカルシーンでJ・ディラ、スラム・ヴィレッジ、エミネム、D12等とと共に地元のヒップホップシーンを盛り上げてきたデトロイトを代表する実力派ハードコア・ラッパーだ。2001年からJ・ディラの秘蔵っ子MCとして制作を共にし、J・ディラのアルバム『Ruff Draft』や、ジェイリブ (J・ディラ + マッドリブ)のアルバムにもフィーチャーされシーンに衝撃を与えてきた。そしてJ・ディラが他界後にリリースされた『The Shinning』への参加でMCとしてさらに頭角を現すことになる。その後、J・ディラのお墨付きのMCとしてStones Throwと契約し、2008年にフルアルバム『Ode to the Ghetto』をリリース。LAとデトロイトの名だたるプロデューサー陣がバックアップした本作はリアル・ヒップホップ・アルバムの傑作として人気を博した。2010年にはマッドリブとのコラボ・アルバム『OJ Simpson』をリリースし、米メディア: Pitchforkでもその年のベスト・ヒップホップ・アルバムの一枚として賞賛された。2015年にはカタリスト(クエイカーズ)とのタッグで三枚目のフルアルバム『Detroit’s Son』をリリース。

今回の初来日ショーケースでは、J・ロックとのスペシャル・ジョイント・ライヴを披露する!さらに同郷デトロイトのカリーム・リギンスの参戦で、3人が敬愛するJ・ディラへのトリビュートともなる奇跡のライブショーケースが実現するかもしれない!