SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

H.I.D

H.I.D

H.I.D. aka Hideo Kobayashi

Hideo Kobayashiのテクノ専有名義であり、2012年のテクノアルバム「Underground Business」以降、本人から解離的に発生した。
コンピュータ用語の「Human Input Device」の略称からの引用で、「Hideo」をアイコニックに亜2ビット化した名称である。

作品やDJプレイは、90年代初期のジャーマンテクノに源流を発する。Key Energy系から発生したユニット、LOTUSで96年にアルバムを発表。翌97年には伝説のRAINBOW2000で、Hard Floorに並んでライブ出演。クラウドを文字通り狂喜乱舞に追い込む。
その後渡米に伴い、日本国内での活動を休止する。

帰国の翌年、2007年に発表したJerome Sydenhamとの「Nagano Kitchen」で世界的脚光を浴びる。リミックスをAdam Beyer、Joris Voorn 、Ken Ishiiらが行い、2011年にはDrumcodeより「Black Panther」をリリースしている。Hideo作品も含めRichie Hawtin、Laurent Garnier、Francois Kevorkianを始め、Tiestまでもがプレイするに至っている。
聴感上はハウス、機能的にはテクノと言えるアルバム「ZERO」、「a Drama」のヒットも記録し、国内でもジャンルを超え多くのファンを獲得した。「a Drama」の配信盤は、Traxsourceにおいてアルバムチャート1位を記録している。

H.I.D.の発生後は、主に新・ヨーロッパ拠点のBlack Square Recordings、Eclipse Recordings、Organism等からリリース。Cari Lekebusch、Drunken Kongらがリミックスを行なっている。
2017年末には約20年ぶりに活動拠点を都内に移転。Hideo Kobayashi、H.I.D.両名義への仕事依頼が激増。 2018年には、70 Drumsに「After The Rainstorm」(Ken Ishii, Jazztronik)のDubを提供。TOTEM TRAXX、abend kollektivからもリミックスが発売されている。