SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

HIFANA

HIFANA

KEIZOmachine!とジューシーにより、1998年に活動開始。

ライブでは、プログラミングやシーケンスをいっさい使用せずリアルタイムにサンプラーのパッドを叩いてビートを刻みスクラッチやパーカッションなどを乗せていく独特のスタイルと、GROUNDRIDDIMによるVJを迎えた音楽と映像との融合が特徴。

一方、CDやレコードなどで聴く楽曲ではプログラミングやシーケンスをふんだんに使用し独特のHIFANAサウンドを作っている。
1999年にDJに向けて和ネタ•ブレイクス『Sound Touchable壱』。
2003年には同タイトルの二作目『Sound Touchable弐』を発売。
コアなDJファンの間で話題となると、同年11月19日には初のフル・アルバム『FRESH PUSH BREAKIN’』をW+K Tokyo Lab / felicityより発表。このアルバムに収録していた楽曲『FATBROS』のミュージックビデオが『SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 04』にてBEST CG/ANIMATION VIDEOの受賞した他、海外の様々な音楽/映像賞を授賞。
また、自身のレーベルNAMPOOHを主宰し イベント制作(ZAMURAI, 祭RIDDIM等)/ 広告作品への企画/音楽/映像提供など幅の広い活動を行ない、ソロボンヌ先生やMAHAROによるキャラクターデザインも
2005年8月には2ndアルバム『CHANNEL H』(アルバム収録曲PV “WAMONO”が平成17年度文化庁メディア芸術祭優秀賞/“スペースシャワーTV”『Best CG/ANIMATION VIDEO ‘06』等を受賞)を発表し、2005年12月にはHIFANAが主宰するイベント『ZAMURAI』のライブ映像を日本の様々な映像クリエイターによって編集したDVD 『ZAMURAI TV – DVD』がリリースとなる。
2006年8月には初のレーベルコンピ『NAMPOOH CABLE』、2007年8月には海外/国内の様々なライブをコンパイルしたDVD作品に新曲を加えた2.5枚目のアルバム『CONNECT』でEMI Music Japanへメジャー移籍。
同時にフランスはEMI傘下のレーベル “DELABEL”と初の海外メジャー契約。
2010年7月28日に通算3枚目となる収録曲全12曲に12本のミュージックビデオを収録したCD+DVDアルバム『24H』を発売。
現在は、数多くのCM/広告に楽曲を提供しつつ、フランスのターンテーブル集団 C2Cのリミックス作品が海外で話題になる等、国内外でのLIVEや企業の公演等、活動の幅を広げている。