SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

HIROSHI WATANABE aka KAITO

HIROSHI WATANABE aka KAITO

ドイツ最大のエレクトロニック・レーベルKompakよりKaito名義で4枚の オリジナルアルバム、更にそれぞれ対になるビートレス・アルバムをリ
リースし、繊細かつ美しい旋律により幅広い音楽ファンに受け入れられて いる。ギリシャのKlik Recordsからは本名のHIROSHI WATANABE名義で も2枚のアルバムを残している。2016年にはテクノ史に偉大な軌跡を刻ん できたデトロイトのレーベルTransmatより『Multiverse』を発表。主宰 Derrick Mayの審美眼により極端に純度の高い楽曲のみがナンバリングさ れるため、近年はリリースそのものが限定的になっている中での出来 事。さながら宇宙に燦然と煌めく銀河のようなサウンドが躍動する作品 となっている。日本人として前人未到の地へ歩みを進める稀代の音楽家 と言えるだろう。

 

Kompakt, the largest electronic label in Germany, has released four original albums in the name of Kaito, and a pair of beatless albums, which are accepted by a wide range of music fans due to their delicate and beautiful melody. In 2016, Klik Records, Greece, released Multiverse from Detroit label Transmat, which has made great history in techno history.
This is an event in which the initial release is limited in recent years because only extremely high-quality songs are numbered by the aesthetics of Derrick May. It looks like a galaxy that shines in the universe. It can be said that it is a rare musician who advances to an unprecedented place as a Japanese.