SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

IPHAZE

IPHAZE

It’s been 10 years since Toch produced the sound, video and shows of the IPHAZE band. More than 700 dates on the counter but also 5 studio albums, 1 live album, 1 DVD, 1 EP and hundreds of thousands of kilometers traveled all over the world with this project (Germany, Switzerland, Belgium, Netherlands, Republic Czech, Slovenia, Austria, Canada, Vietnam, Japan, China, Mexico, Croatia, Slovakia, USA, Colombia, Taiwan and of course all over France).
Always so eager for vibrations, Toch now offers an explosive Live set, with massive sonorities, the confluence of Drum’n’bass and Neurofunk. A new scenic performance always linked to the videos he created especially for the sound of IPHAZE. This new show proves once again that IPHAZE is able to immerse the viewer in a sensory tsunami.
Toch he just finished the last album, the 5th studio album recorded in Gojira’s studio in New York, mixed by a sound engineer from Sting in Los Angeles and mastered by Darius, the famous sound engineer who produced Dope DOD and Noisia’s revealing album.
Do not miss!
“A child of the pink city, Toch has built a very solid reputation in the world of Bass Music, notably by developing an artistic project advocating interactivity between sound and video … IPHAZE The show is energetic, hyperactive limit and the tours have been chained for more than 10 years,
with the key to a real recognition of the public and professionals. Engaged in its humanist and environmentalist positions, you will be amazed by the unique stage configuration of his show that intelligently mixes IPHAZE tracks and synchronized videos that accompany a discourse open to today’s world. ”

 

TochがIPHAZEバンドの音楽、ビデオとライヴ・セットを最後に手がけて から10年も経っている。このプロジェクトは全世界数十カ所(ドイツ、 スイス、ベルギー、オランダ、チェコ、スロベニア、オーストリア、カナ ダ、ベトナム、中国、メキシコ、クロアチア、スロバキア、アメリカ、コ ロンビア、台湾と勿論フランス全土)で700個以上の公演を開催し、また 計5枚のスタジオ・アルバム、1枚のライヴ・アルバム、1枚のDVD、 1枚のEPもリリースしている。常に良いヴァイブスを放つTochは、熱気 に溢れ、鳴り響くドラムンベースとニューロ・ファンクをミックスした、 新たにIPHAZEの音楽のために特別に製作されたビデオと連携している、 生き生きとしたライヴを披露している。この新しいライヴ・セットで IPHAZEは、改めて視聴者を感覚的な津波に熱中させる事を証明させる事 が出来た。Tochは5枚目の最新作をニューヨークにあるゴジラのスタジ オで完成したばかりで、スティングのサウンド・エンジニアがロスのス タジオでミックスダウンし、Dope DODとNosisiaの露出度の高いアルバムを手がけた有名なサウンド・エンジニアであるDarius自身がマスタリン グを行った。
『A Child Of The Pink City』を見逃すな! ベース・ミュージックの世界で Tochは確固たる名声を作り上げ、特にサウンドと映像がリンクし、奨励 するアーティスティック・プロジェクトの開発でIPHAZEの名を広げた。 IPHAZEのライヴはエネルギーに満ちて、ハイパーアクティブの限界であ り、一般とプロの2つの層から真に認知され、10年以上ツアーを続けて いる。IPHAZEの人道的で、環境的な見解に従事している、独特なステー ジ形態には間違いなく魅了されるのは違いない。ライヴではIPHAZEのト ラックとシンクロされているビデオが知的にミックスされ、そのビデオ は現在の社会状況を自由にコメントしている内容だ。