SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

JUN

JUN

新宿二丁目でふとしたきっかけで音にとどまらない様々なアート、カルチャーに触れたことが彼女にとってDJやダンスミュージックカルチャーに触れるきっかけとなった。そこからアンダーグランドなtechno/houseシーンにどっぷりと漬け込み、アーティストとして活動するようになったことは必然だったのかもしれない。一見普通の女の子のように見せ、ルックスからは想像できないボトムヘビーなアグレッシブなプレイを繰出しフロアを魅了する。そのstyleに魅了されたクラウドの数は彼女のまだ浅いキャリアの中でも少なくはない。重低音が体を抜けるようなgrooveから独自のアクセントを付けていくエッセンスが人を引きつけていくのだろう。
WOMB、AIR、R-LOUNGEといった都内の著名クラブや地方でのguest bookingを得るに至るまで時間はかからなかった。場所を問わず勢力的に活動を展開できるのは音幅とセンスそして努力。彼女の魅力の賜物だろう。幼少よりピアノをはじめとする様々な楽器を演奏して培った音感を活かし、楽曲制作にも意識をシフトし、よりアーティストとしての華を持ちつつある。パーティーに色鮮やかな一輪の華のように。