SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

KAGuLA x TSUYUKI

KAGuLA x TSUYUKI

KAGuLA

幼少より様々な楽器やダンスをしていた経験を活かし、2011年よりDJ活動をスタート。EDM(エレクトロダンスミュージック)を得意し、渋谷の大型クラブであるwombやVISIONにてレギュラーイベントを持ち、メインアクトをこなしている。見た目からは想像できない男勝りなサウンドと他に類を見ない選曲センスを武器に様々なイベントに出演し、Ken Ishii/石野卓球/DJ Yojiなど大物国内アーティストにとどまらず、Paul van dyk/TJR/Kill The Noise/Daddy’s Groove/Paris&Simo/Lucky Dateなど、世界TOP DJとも共演を果たしている。2013年12月に行われたBurn DJプレコンテストでは見事優勝し、2014年4月に開催される本コンテストへの準決勝へシード枠としてコマを進めている。また、2014年1月に幕張メッセで開催されたEDMの大型フェス”electrox”では、ibizaステージでの出演を果たすなど、確実に活躍の場を広げている。現在は、新しい映像表現として話題のプロジェクションマッピングの音楽制作もこなし、夏の大型フェス”summer sonic2012″ではメインゲートの音楽も手がけた。今後の活躍から目が離せない若き才能だ。

 

TSUYUKI

19歳でDJを始め、23歳の時に拠点を東京に移す。東京に拠点を移してからは新木場ageHa、渋谷VISION、WOMB、club asiaなどのBIGPARTYにて多くの実績を積む。
Techno、Electronic、HouseなどをベースとしながらもEDM、Moombarton、Dubstep、Trap、Drum&Bassなど、BPMや曲調を縦横無尽に変える幅の広いMIX STYLEでAUDIENCEを湧かせている。
またMAD as noise(TCPT)としてユニットでも活動中。ユニットではEDMパーティーを中心に活躍している。新木場ageHa、渋谷VISION、WOMB、club asiaなどでメインアクトやレジデントも務めている。
今後、個人としてもユニットとしても目を離せない若手DJだろう。