SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

KARIZMA

KARIZMA

Basement Boysの一員としてDJ Spenと共に数々のヒット曲をリリースしてきたKARIZMA。

彼が突如として世界的な注目を集めるきっかけになったのは2006年に発表した”Twyst This”だ。 この曲はGilles Petersonによってヘヴィ・プレイされ、リリース前にも関わらず世界的な注目を集める程のヒットになった。そして、2007年には満を持してソロ・デビュー・アルバム”a mind of its own”をリリース。その後のKARIZMAの飛ぶ鳥を落とす勢いの快進撃は皆もご存知であろう。テックでありながらもソウルフル且つフャンキーなその音楽は、

Gilles PetersonやTimmy Regisford、Quentin Harris、Louie Vega、DJ Spinna、Dennis Ferrerを始め、あのDerrick Mayまでもが絶賛する程である。セカンドアルバム”a mind of its own V.2.0″では前作を上回る内容で、Monique BinghamやFruity、Djinji Brown等のシンガーやMCをフィーチャーし、更なる進化を遂げている。プロデューサーとしても素晴らしいKARIZMAであるが、
彼の本当の魅力はそのDJプレイにおいて真価を発揮するといっても過言ではない。ダンス・クラシックスからテック・ハウス、ブロークンビーツ、アフロ、ヒップ・ホップ等の楽曲に至るまで、あらゆる楽曲をCDJを駆使してプレイされるそのファンキーなグルーブはクラウドを圧倒するに違いない。幾度となく来日し、その度にファンを熱狂させてきたKARIZMAが待望の再来日を果たす。