SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Karriem Riggins

Karriem Riggins

デトロイトが誇るレジェンド・ドラマー、そしてヒップホップ・プロデューサーという二つの顔を持つ唯一無二の存在: カリーム・リギンス。 ハービー・ハンコック、ドナルド・バード、オスカー・ピーターソン等、数々の伝説的アーティスト達とライブやレコーディングで関わり、 ここ数年はポール・マッカートニーやダイアナ・クラールのライブバンドメンバーとしても活動、グラミー賞授賞式なども出演を果たしている。一方でカニエ・ウエストやコモン、エリカ・バドゥ、スラムヴィレッジ、ルーツ、ドウェレ等数多くのヒップホップやR&B アーティストのプロデュースも手掛けている。同郷の故J・ディラと長く制作を共にしてきた唯一のパートナーでもあり、数多くのデトロイト・ヒップホップ・クラシックスも生んできた。また、マッドリブともユニット・プロジェクト: シュプリーム・チームを組み、YNQ のアルバムなどでも共作している。

ソロ名義では2012 年にドラマー/ヒップホップ・プロデューサーとしての長年の活動の集大成といえる初のフルアルバムとなる『Alone Together』を<Stones Throw>からリリースし各方面から称賛された。今年2016年には、カニエ・ウエストの最新アルバムでのプロデュース参加、また10月にリリース予定のコモンのニューアルバムでは全曲プロデュースを手がけている。そしてStones Throwから待望のソロ・ニューアルバムも11月上旬にリリース予定である。

今回の来日ツアーでは、自身のビートとドラムを駆使したソロ・ライブセット、そして2013年のジャパンツアーで魅せた伝説のライヴショーケース、レジェンド・ターンテーブリスト: J・ロックとの日本ツアー限定のスペシャル・ライブセッションを再び披露する!