SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Kavinsky

Kavinsky

Kavinskyは1986年にフランスはパリで、テスタロッサを運転している最中に交通事故で死んだ。
2005年に12インチ“Teddy Boy”を手にしてゾンビとして蘇り、それ以来、地球上を飛び回り人類に向けて音楽をプレイし続けている。一度死んだにも関わらずエモーショナルにプレイするそのKavinskyの姿を観る為に多くの人々が集まるのである。その奇跡を目に焼きつける為に、、、。2007年、2枚目の12インチ“1986‘”をリリース。ロボット仲間であるDaft Punkが彼らの“Alive”ツアーにKavinskyを呼び、復活を遂げたテスタロッサでA-Trackと共にアメリカ中を駆け巡った。怪しく光るその赤い目を通して世界を見たKavinskyは、ツアーから戻ると自分の基地へと籠り、着々と1stアルバムに向けてレコーディングを進めている、、、、。Daft Punk、Ed Banger, Institubesといったフランス重要レーベルやアーティストらと深い交流を持ち、自身もシンセの効いた疾走感のあるダンストラックを繰り出し世界中のエレクトロキッズを虜にするKAVINSKY。2008年に行われたDaft Punkによる屋内フェスティバル「ダファンクフェスト@幕張メッセ」でもSEBASTiAN、DJ FALCON、BUSY Pらと共に来日し見事なライブセットを披露した。