SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Keiichiro Shibuya (ATAK)

Keiichiro Shibuya (ATAK)

音楽家。東京芸術大学作曲科卒業。
2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音響作品をリリースする。代表作に『ATAK000+』、『ATAK010 filmachine phonics』など。
2009年、初のピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』を発表。
2010年には『アワーミュージック 相対性理論+渋谷慶一郎』を発表。
以後、映画「死なない子供 荒川修作」、「セイジ 陸の魚」、「はじまりの記憶 杉本博司」、「劇場版 SPEC〜天〜」、TBSドラマ「Spec」、など映画、テレビの音楽を立て続けに担当。
2012年には「サクリファイス 渋谷慶一郎 feat.太田莉菜」、「イニシエーション 渋谷慶一郎+東浩紀 feat.初音ミク」を発表。
同年、世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ 「THE END」を山口情報芸術センター(YCAM)で初演。
2013年5月、Bunkamuraオーチャードホールにて、ボーカロド・オペラ『THE END』東京公演を開催。
2013年11月には、パリ・シャトレ座にて『THE END』パリ公演の開催。
この他にも国内外でマルチチャンネルによる大規模なサウンドインスタレーションを発表、コンサートも行うなど多彩な活動を展開している。