SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

keith

keith

American pop artistである “Keith Haring” を尊敬し、好き過ぎることから常にKeith Haringを身に付け、DJ nameまでkeithにしてしまうほどの強者である。
最近では若手DJが増え、差別化されづらい中でdark psychedelic tranceという今ではかなりマニアックなジャンルをplayすることでtranceが流行っていた時代を思い出させ、浮遊空間を作り出す。
渋谷、六本木を中心に多くのクラブで活躍しており、人脈が広すぎることで色々な顧客から連絡を受け「ほぼどこでも毎日ゲストが取れる」ことでも有名である。
身長が高く、常に髪を結んでおり、Keith Haringを必ず身に付け、一度会ったら忘れられないような容姿だと顧客に言われる変な人なのでクラブで見かけたら話しかけてみるのも面白いかもしれない。

music genre
dark psychedelic trance, tech house, future bass, deep house, pops, j-pop, R&B…..etc