SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

KENJI TAKIMI(Crue-L/Being Borings)

KENJI TAKIMI(Crue-L/Being Borings)