SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

KENTO MORI

KENTO MORI

2006年(21歳)で単身渡米、翌年にはプロダンサーとして認められアメリカにて本格活動を始める。
2008年 渡米1年半にしてアーティストビザ取得、マドンナのワールドツアー「Sticky & Sweet」Tour
専属ダンサーに抜擢され世界中を周る。
2009年 マイケル・ジャクソン”THIS IS IT” オーディションにて専属ダンサーに選ばれ2年契約を交わすも、マドンナとの契約中のため断念。マイケルの死直後、マドンナのワールドツアーにてマイケル・
ジャクソン本人に扮して会場を沸かせた。
2010年 チャカ・カーン専属ダンサーを経て、現在クリス・ブラウンの専属ダンサーとして活躍中。
アメリカではクリス・ブラウン、シルク・ドゥ・ソレイユ、ニーヨ、シアラ、オースティン・ブラウンの5者から同時に専属ダンサーオファーを受けるほどの人気で、クリス・ブラウンをはじめニーヨやトニー・ブラクストン、シアラなどのミュージックビデオにも出演。
日本ではPARCOグランバザール、PARCO「LOVE HUMAN」、JSDA、宝くじなどのCM出演、日本ストリートダンス検定キャンペーンメインキャラクターや24時間テレビ「ダンス甲子園」では総合プロデューサーも務め、様々なアーティストの振付も手掛ける。
これまで全世界5大大陸46カ国200以上の主要都市においてパフォーマンスを行う。