SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Kick a show

Kick a show

渋谷・中目黒などを中心に活動するDJユニット、MO’TENDERS(モーテンダーズ)の歌唱担当として活動するKick a Show(キッカショウ)。過去にEP 2作がデジタル・リリース されており、コアなミュージック・ラヴァーズを唸らせてきた。記念すべきデビューEP 『KOIMIMA EP』には、<コイミマ>の略称でストリートから愛される代表曲「友達以上 恋人未満」や、やけのはらをゲストに迎え、ファンキーに夏を謳歌する新作「Delicious Summer」、90年代ガラージハウス風の「Feel So Good」などを収録し、独自のリリッ ク・センスで新風を吹かせた。相棒とも言うべきプロデューサーであり、MO’TENDERSの メンバーでもあるSam is Ohmとのタッグは抜群のケミストリーを生み出しており、最先端 ながらもどこか懐かしさが香るメロディとトラック、R・ケリーなどにインスパイアされた というセンシュアルかつユーモア溢れるリリックが特徴的だ。これまでに数々の客演参加も 経てきており、2017年にはG.RINA、ZEN-LA-ROCKらのアルバムへ連続して参加。そして、 同年、MONDO GROSSOが14年ぶりに発表して話題になったアルバム『何度でも新しく生まれる』にも参加し、MONDO GROSSOとともにFUJI ROCK FESTIVAL ‘17にも出演し話題になった。2018年2月14日に記念すべきデビュー・アルバム『 The Twelve Love』を発表。ZEN-LA-ROCK、G.RINA、田我流、Okadadaら多彩なアーティストが参加した佳作であり、各メディアを騒がせた。キャッチコピーは「お酒のお供にお耳の恋人」。