SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Ko-Matsushima

Ko-Matsushima
Ableton LiveとiPad、CDJを使いリアルタイムに再構築を行うライブ感=楽器演奏感ある独創的なプレイを行っている。 制作活動面ではFatboy Slim擁するSkint RecordsよりKiddaのStrong Together (Ko-matsushima & Erich Logan Remix) リリース。その後ULTRA Festivalを牽引する世界最大手レーベルUltra Musicからもリリース。NYのKING STREET傘下Nite GroovesよりTiger StripesのSpirited Away (Ko-Matsushima & Erich Logan Remix)、2012年にはErich Logan との”Sunlight”。2013年”Cogwheel”はBeatport Electro Weeklyで最高位9位。またオーストラリアのJamie Lee Wilsonとコラボレイトした”Where You Are”ではBeatport Chillout Weekly3位、Progressive Weekly19位、Amazonダンス・エレクトロニカで1位にランクイン。その後人気EDMデュオDenzal Park “Warp13″リミックスし、Neon Recordsから発売。国内屈指のプロデューサーFPMの”Curiosity”リミックス。国内WasabeatチャートではElectro Houseチャート1位、総合チャート5位を記録。Nakarok & RedcardCollector”EL DOMINGO”のリミックスではBeatport Electro Houseで最高位8位記録。2015年にはBooty Bronxとの共作”Key Girl”がTommie Sunshinaの目に止まりNYのBrooklyn Fireからリリース。
Techno Saturday is Right Here, Right Now (Ko Matsushima Mash Up)はベルギーで開催される世界最大規模のEDMフェス、Tomorrowland 2014のメインステージにてNervoがプレイ。またハウスクラシックスFadeのカバーリミックスFade (Ko-Matsushima & Erich Logan Remix)/A Hundred Birds feat.Stellaはフリーダウンロードで公開されており、国内外のTOP DJからプレイされている。
Pioneer製品のデモンストレーション映像が海外で大きな反響を呼び、現在も日本と中国でPioneer DJ製品のオフィシャルデモンストレーターを務め、Skint Recordsオフィシャルで制作したビデオミニミックスではDJ Magにも掲載、Youtubeでの総再生回数は34万回を越え、数々の動画が海外メディアに多数取り上げられるなど各方面で高い評価を得ている。