SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

M.E.D.

M.E.D.

Stones Throwが誇る実力派MC:M.E.D. a.k.a. Medaphoar (エムイーディー a.k.a. メタファー)。90年代、西海岸ヒップホップ・クラシック史に残る名作Lootpack「Soundpieces」でデビュー以来、Quasimito(Madlib)の1stアルバム、MadlibとBlue Noteのコラボ作品「Shades Of Blue」などに参加し、LAヒップホップを構築してきた数々の重要作でマイクを握る。2005年のデビューアルバム「Push Comes To Shove」では、Just BlazeやJ Dilla、Madlib、Diamond D、Oh No等全米のカリスマ・アーティストたちをフィーチャー。また昨年リリースされたセカンド・アルバム「Classic」では、Madlibを筆頭にAlchemist、Karriem Riggins、Talib Kweli、Aloe Blacc、Georgia Anne Muldrow等、現在のリアルなミュージック・シーンを牽引する重要アーティスト達とコラボし、傑作アルバムとして世界中で高い評価を得た。以降、特徴のある声質とオールドスクール・マナーに溢れた歯切れのよいラップでストレートにかっこいいライムをデリバリーしている。