SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

MACO

MACO

北海道函館出身!17歳から作詞・作曲を始め、函館を拠点とし音楽活動を始める。
すぐにその才能は開花し、キュートなルックスに一番の魅力でもある歌唱力とずば抜けたソングライティング能力が認められ、
内で活躍しているMatt Cab、tofubeatsらも所属するonepeaceと2013年に契約。その後はYouTubeに歌声を広めるべく、テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、アリアナ・グランデの楽曲を日本語歌詞でカヴァーし、彼女の歌声を生かした「バラード調」という新スタイルを確立するやいなや、たった3ヶ月でYouTube合計再生回数400万回数を記録するという異例のヒット。
中でも、テイラー・スウィフトの大ヒットナンバー「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~ We Are Never Ever Getting Back Together」の日本語カヴァーは再生回数200万回数という圧倒的な数字をたたき出し、ネット上ではデビューへの期待の声が高まった。
更には映像の中で着用している ファッションにも注目が集まり、女子中高生の間では早くもカリスマ的存在になりつつある。
また、デビュー前にも関わらず、1月には世界の歌姫アリアナ・グランデの来日ライブのオープニングアクトを務め、3月にはm-floのNew Album『FUTURE IS WOW』に収録の、浜崎あゆみが歌う「My Way」、鷲尾伶菜が歌う「d.w.m」、Matt Cabが歌う「Show You More」の楽曲をm-floと共作し、更に自身も客演で参加した「Find A Way」が収録されるなど業界からもその才能を高く評価されている。2014年ブレイク確実のシンガーソングライター『MACO』彼女のシンデレラストーリーはまだ始まったばかりだ。