SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Marcellus Pittman

Marcellus Pittman

マーセラス・ピットマンは、デトロイトに生まれ、従兄弟から教えてもらったテクノやハウスに興味を持つようになる。当時デトロイトでThe Wizardと名乗っていたJeff Millsがラジオショウをやっており、ヒップホップ、エレクトロ、テクノ、ハウス、ディスコの全てをミックスするそのフリーなスタイルに大きく影響されたという。しばらくはHome Grownというヒップホップグループでトラックメイカーとして活動していたが、Rick Wilhite、Moodymann、Theo Parrishで構成されていた3Chairsに、4番目のメンバーとして参加している。一時期はMalik Pittmanとも名乗っていたが、最近ではMarcellus Pittmanになっている。また、Theo 、Omar-S、Marcellusのプロジェクト、T.O.M Projectにも参加、T.O.Mのレコード盤面には”BUILD DESTROY REBUILD = RENAISSANCE”(構築 破壊 再構築=ルネッサンス)と刻まれている。自らのレーベルUnirhythmを主宰し、今までの12”をまとめたCDアルバム『Pieces』をリリースしている。Sex Tags Crewとも繋がるデトロイトの新興レーベル、FITからリリースされた12” M. PITTMAN『Erase The Pain』は、某大御所DJ達の間でカルト的賞賛を得た。Hungry Ghost(International Feel)、Ackin’(Internasjonal)、Madteo、Nina Kraviz(REKIDS)、Erika(Interdimensional Transmissions), Shaun Soomro(Lick My Deck)らにRemixを提供している。