SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

MATT TOLFREY

MATT TOLFREY

Matt Tolfreyは、これまでに築き上げた評判が最高潮に達しており、これを超えることが最も困難な時期に突入しているとさえいえるだろう。2012にリリースを行ったデビューアルバムはスマッシュヒットを記録紙自身のレーベルからの力強いアウトプットやイビサでのレジデンシーも獲得するなど、DJとしての能力は現在グローバルに注目されている。Mattの不断の献身と絶え間ないエネルギーによって、彼が周囲に音楽的世界を形成し始めていることは疑う余地はない。2005年にCrosstown Rebelsから始まった彼の制作キャリアは、自身のレーベル、Leftroomで花咲かせて以来、Get PhysicalやCocoon、Rekids、Saved、Culpritなどにも名を連ね着実とキャリアアップをはたした。そしてシーンのトップに君臨するSeth Troxlerに”最後の偉大なるイギリスのDJ”と言わしめ、2015年にはイギリスの名門クラブfabricの人気MIX CDシリーズ”fabric81″を担当し 各メディアより賞賛を受けている。