SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Max Essa

Max Essa

1993年、伝説的なWarp Recordsからプロデューサーとしてデビュー。これを皮切りに、90年代にはイギリスのPaper Recordings、D.i.Y Discs/Strictly 4 Groovers、イタリアのD-visionといった独創的なハウスミュージック・レーベルから次々にレコードをリリース。2006年にはロンドンに拠点を置くレーベル、Bear Funkと活動を開始。3枚のソロアルバムをリリース。
2010年には、Is It Balearic? Recordingsからの2ndシングルを発表。この12inchに収録にされた20分にも及ぶ壮大なメイントラック「Panorama Suite」は高い評価を得て、作曲家・プロデューサーとしての名声を確立することとなった。翌年の11年には「Feel It In Your Body」をリリース。この作品はAndrew Weatherallによるサポートを受け、B面に収録された「Heartache」は、ニューヨークの伝説的なDJであるDavid Mancusoをはじめ、その他大勢のDJのプレイリストに掲載された。
2008年に日本に移住してからは毎週末、様々なクラブでDJとしてプレイ。2013年には、アメリカ各地でのツアーを行い、翌年は7月から8月にかけてヨーロッパ・アメリカツアーを行う傍ら、スタジオワークでも様々なレーベルからリリース。
2015年にアルバム「Vacations Never Taken」をビクターより発売。同年にブラジル、インドネシア、ベトナムへのツアーも敢行。 今まで発表した作品は、シングル約30枚、アルバム5枚、プロデュース4枚、リミックスワークでは50枚以上にも及ぶ。
2018年も東京を中心に国内外でDJを繰り広げ、Hell Yeah! Recordings, もリリースするほか、7月にはソロ名義のアルバム「Lanterns」をMusic for Dreamsより発表し、精力的にDJと制作を続けている。

Max Essa has been active as a DJ and producer since the early 90s, initially releasing music on labels such as Warp Records and Paperecordings and DJing alongside the infamous D.i.Y Sound System.
His later work, for labels like Is It Balearic? Recordings, went on to be play-listed by the likes of Andrew Weatherall and the late David Mancuso, gaining him a devoted following and DJ bookings around the world.
Albums for the Japanese major label, Victor Entertainment (‘Vacations Never Taken’ 2015) and Music For Dreams (‘Lanterns’ 2018), plus EPs for the Italian label, Hell Yeah! Recordings and a constant stream of remixes, have shown him to be a deeply imaginative and prolific producer.
2019 sees Max continue his hectic weekly DJ schedule in Tokyo, as well as playing the length and breadth of Japan. Releases are scheduled this year for Hell Yeah! Recordings, Palms & Charms, and Jansen Jardin.