SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Meiso

Meiso

ホノルルと東京を拠点にインターナショナルに活動するMC。アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、バイリンガルな環境で磨かれた独特の感性と言語感覚をリリックの世界観に反映させている。ハワイでラップの鍛錬を積み、言語の壁を越えてアメリカ人に通用する日本語ラップを独自に開発。英語には無い日本語の良さを追求したそのスタイルは緩急自在な柔軟さと鋭さをもってビート上をうねる。日本では2003年のB-BOY PARK MCバトル覇者としても知られる。
2007年にハワイのローカルレーベルSIQ Recordsから「自転者EP」を発表し、2006年には坂本龍一とShing02の呼びかけ(STOP ROKKASHO)に応じて”無知の知 6MCs REVAMP”に参加、2008年には札幌のプロデューサーMICHITAとのコラボレーション作品を発表するなど、日本での活動を本格的に開始する。
2009年にはMary Joyよりファースト・アルバム「夜の盗賊」を発表し、Shing02と共にライブツアーを敢行した。その後も国内外の様々なアーティストとコラボレーション作品を発表し、2013年4月にEVISBEATS、Young-Gらをプロデューサーに迎えたセカンド・アルバム「イテツクアカツキ」を発表し、その後、活動の拠点を東京に移す。
2014年には自身のレーベルMeditative Recordsを立ち上げ、Muzonoとのアルバム「Sunshine & Coconuts Water」を発表。
2015年6月には、盟友のDJ REiZとともに自身の音源のみを使ったミックス・コラージュアルバム「外来種 〜Alien Species〜」を発表。