SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Mija

Mija

 

ロサンゼルスのダウンタウンを拠点にMijaは、この時代に革新的で新鮮なDJ /プロデュ ーサーとして、自分自身を地位を確立してきた。

彼女のルーツはハウスミュージックに基づいているが、誰も彼女の音楽がそこに限定さ れているとは思わない。ジャンルに捉われることなく、独特な世界観を放つMix Tape と彼女が作るトラックのベースラインは世界中のリスナーを踊らせることができる。

2012年、Mijaが本格的にDJを職業とする前、彼女のキャリアは彼女の故郷であるフェ ニックスで始まった。そして2014年には、ボナルー・フェスティバルに招待され、カリ オペと呼ばれるバーニングマン・アートカーでDJをした。偶然にもそのアートカーは、 S k r i l l e x と サ ン セ ッ ト B 2 B を 果 た す こ と に な る 車 で あ っ た 。そ こ か ら 数 か 月 後 、T o m o r r o w WorldのThe Black Butter RecordsステージでのDJバドルで優勝をし、その日に録音され たDJ Setは、Mijaのキャリアのプラットフォームを築いていくのに手助けとなった。

Mijaは瞬く間に世界各国からの大規模なファンベースを築き上げた。

2015年、OWSLAレーベルから彼女の最新作 “Crank It” feat. Lil Jonがリリースされ、各 メディアで大きく話題となった。これがMijaとしての本格的な活動の始まりとなり、国 際的に活躍する上でその才能と意欲が彼女を支えている。

Based out of Downtown Los Angeles, Mija has established herself as an innovative and fresh new DJ/Producer of this era. Her roots may be based in house music, but nobody puts Mija in a corner. Her genre-defying mixtapes and bassline productions keep the masses dancing around the globe.

Mija began her career in her hometown Phoenix, where she became a full-time DJ in early 2012. In 2014 she was invited to perform on Kalliope, a Burning Man art car, at Bonnaroo Music Festival. It was on that car where she serendipitously ran into Skrillex and played a b2b sunrise set. Just a couple months later, Mija won a mix competition to play on the Black Butter Records stage at TomorrowWorld, where her set was recorded, and truly helped build a steady platform for her career.

Mija is quickly building a massive fan base from countries around the world. With her latest production “Crank It” feat. Lil Jon being released on record label OWSLA, she is making headlines on some of the biggest EDM websites out right now. This is just the beginning for yung Mija. She has national and international bookings under her wing in 2015, with the talent and drive to back it.