SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

MOGUAI

MOGUAI
現在の音楽シーンにおいて、MOGUAIは間違いなくその上辺に位置するアーティストである。現れては去りゆくアーティストが多い中、彼のスター性は今までにも増して輝き続けている。

 

この流動的なエレクトロミュージックの世界で、彼は幾度となく新しいスタンダードを確立してきた。そしてなにより、MOGUAIはその才能と人気を世界中のクラブを股にかけ、年間120本以上のGIGで証明している。VISION/東京、Zouk/シンガポール、Exchange/ロサンゼルス、WEEKEND/ベルリンの様なアンダーグラウンドなクラブから、Tomorrowland & World/USA、Pacha/イビザ、EDCフェスティバル/ラスベガス、Sunburnフェスティバル/デリー、などの世界有数のBIG STAGEまで、彼のセットはオーティエンスを貪欲にし、大爆発さることが保障されている。このように、小箱から大きなアリーナまでをこなすDJはそうはいないが、彼はまさにこれを見事にこなしてみせる逸材である。常に自分の音楽性やアイデアと真摯に向き合う姿勢こそが彼を特別な存在へ押し上げた。

 

しかしながら彼の音は、ただオーティエンスを揺らすところでは終わらない。ひと味もふた味も違うユニークなものである。キャリアの初期段階においても、周りではベースとビートがうるさく鳴っている中、彼は独特な音風景を造り出し、オーティエンスをターンテーブルの後ろに立つ彼独自の世界へと誘ってきた。音楽は彼にとって成長をするための絶え間ない過程なのである。彼が一番中心に考えるのは、トレンドを追う事ではなく、自身のセンスだ。HouseやIndieanceそしてTechno-Electroを上手く織り交ぜ、例えるなら音楽の短距離走ではなく、音楽のマラソンとも言えるだろう。近日予定されているSpinnin DeepとMau5trapからのリリースやRobiin Schulzとのコラボレーションからも目が離せない。これら多くのリリースから分かるように、彼はいつも的を得ている。皆が新しいものを欲すれば、彼が其れを届けるだろう。