SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

MONEY MARK

MONEY MARK

Beastie Boys、Red Hot Chilli Peppers、Jack Johnson、Beckをはじめトップアーティストから常にラブコールを受けているUSオルタナティヴ/インディ・シーンの重要アーティスト。92年にBeastie Boysが発表した代表作『Check Your Head』以降、ほぼ全ての作品/ツアーに参加、4人目のメンバーとも言われている。95年にMo’Waxから傑作デビュー・アルバム”Mark’s Keyboard Repair”をリリース。「孤高の天才キーボーディスト」の登場に、世界中が騒然、瞬く間にメディアや音楽ファンの注目を一身に集める存在となる。続いて発表された”Push the Button”(98年)では、マークのボーカルをフィーチュアしたメロディアスな楽曲の数々と、ファースト・アルバムをはるかに凌ぐプロデュース・ワー クの巧妙さで、キーボーディストとしての認知を大きく塗り替え、一躍「オルタナティヴ界最高のサウンド・プロデューサー/メロディー・メイカー」として確 固としたポジションを確立することになる。そして2007年2月、Jack Johnsonのレーベル<Brushfire Records>と契約を交わし、マニー・マーク自身5枚目となるフルアルバムをリリース。Jack Johnson、G Loveといったレーベルメイトとのコラボにより、エレクトロなイメージを一新したかのような穏やかなアコースティックなヴァイヴで心温まるアコース ティックサウンドを創り出した。