SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

MOONBOOTICA

MOONBOOTICA

MOONBOOTICAプロジェクトはハンブルグのクラブで行われていたMoonbootica partyのシリーズから生まれた。彼らのスタイルは特定のヒップホップの影響を受けたエレクトロやハウス的なエレクトロニック・ミュージックと言えるだろう。二人はMoonbootiqueレーベルを立ち上げ、自分たちの作品を発表している。名前の由来となったデビューアルバムMoonbooticaは2005年に発表された。シングル「June」が収録されており、この曲はエレクトロニック・ミュージックのシーンで広く受け入れられた。2007年にはDer Mondをフィーチャーし、ハンブルグのJan Delayとコラボレーションしたアルバム「Moonlight Welfare」を発表。2011年にはUKのレーベルCheap Thrillsからトラック「Tonight」を発表。2012年には3枚目のスタジオアルバム「Our Disco is Louder Than Yours」をベルリンのFour Musicより発表。Reggie NobleやデンマークのバンドWhoMadeWhoのBon Hommeをゲストにフィーチャーした。2014年には4枚目のアルバム「Shine」を発表ドイツのチャートでTop50にランクインした。このアルバムからのシングル「These Days Are Gone」と「Beats&Lines」は映像作家SkinnyによってLAで撮影されたPVも発表された。このフランスの映像デュオと仕事するのは二度目だった。一作目の「ICONIC」はカンヌ映画祭でも上映された。