SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

MYD

MYD

カンタン・ルプートル(Quentin Lepoutre )こと、MYDはフランスのエレクトニックシーンを代表するDJでありプロデューサーである。ダンスミュージックグループ、Club Chevalのメンバーでもある。カニエ・ウエストやセオフィラス・ロンドンのトラックのビートメイキングをするなどその活動の幅は広い。パリのフレンチ・エレクトロ・シーンを 支えてきたレーベルMarbleやBromance Recordsでリリースを重ねたのち、現在はEd Banger Records に在籍。2018年には映画‘Petit Paysan’に提供したサウンドトラックが、セザール賞にノミネートするなど、様々なステージでその才能を証明し続けている注目のアーティストである。

Myd music echoes his multiple faces either as a solo artist or in the band Club cheval.
Myd is also a talented beatmaker – working for several artists he picked with care as SCH, Lacrim, Alonzo in France, Theophilus London or Kanye West in the US.
He received his first double platinium record for the production of the rapper SCH with DJ Kore.
Recently he realized the last album of french rapper Georgio « XX5 » with eight tracks produced by himself.
Myd was nominated for the original score of ‘Petit Paysan’ for the Cesars 2018.
After the release of his EP ‘All Inclusive’ on Ed Banger, Myd released ‘Muchas’ featuring Cola Boyy as well as a music video directed by Alice Moitié with whom he already collaborated.