SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

NAOKI SERIZAWA

NAOKI SERIZAWA

NAOKI SERIZAWA

東京を中心に音楽活動をするDJ/音楽プロデューサー。NYのアーティストコレクティブ兼レーベル「CREW LOVE Records」より “Black Paradise(Remix)” でデビュー。同レーベルのショーケース「CREW LOVE」を筆頭に、ヨーロッパやアジアツアーを行い。これまでにイビサ、バルセロナ、ミラノ、ローマ、レッジョエミリア、メキシコ、タイ、シンガポール、マレーシア、バリなど世界各地でプレイ。 ここ日本では「FUJI ROCK FESTIVAL」に5年、「Ultra Japan」に4年連続で出演。それ以外でもRainbow Disco ClubやBig Beach Festivalといったコアな音楽ファンを唸らせるフェスティバルやNicolas Jaar、Acid Pauliのといったトップアーティストの来日公演のサポートDJを務めてきた。 自身がレジデントDJを務める「LiLiTH」は、独創的なデコレーションとビジュアルアート、そして、SolomunやJaime Jones、Art Departmentと言った世界最高峰のDJを招聘し、東京のアンダーグラウンドシーンで唯一無二の輝きを放っている。 10年以上のキャリアを誇るDJとしての現場経験と音楽専門誌の編集者としての深い音楽知識。双方の要素を併せ持つ彼のDJプレイは、ハウスミュージックを中心にディスコ、ファンク、アフロ、ラテン、アシッド、ジャズなど連綿と繋がれるブラックミュージックを横断。 そのプレイフィールドは多岐に渡り、アートエキシビジョンやブランドのパーティなどでDJプレイやMIXの提供。さらにブルックリンのTHE LOT RADIOでバイナルオンリーミックスでのプレイやイタリアのm2o RadioのSignal Hillsのゲストミックスに出演。国内でも、J-WAVEやInter FMなどのラジオ番組でライヴミックスを公開してきた選曲のスペシャリスト。