SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Panteros666

Panteros666

Panteros666こと、Victor Watelは、Canblaster、Sam Tibaを擁するフランス北部出身のエレクトロユニットClub Chevalの中核をなすメンバーである。音楽的なキャリアとしては、幼き頃よりドラマーとしてジャズを学び、ディスコパンクに傾倒していたが、インター ネット世代としてyoutubeをはじめ、数々のデジタル産物に触れるにつれ、次第にエレクトロニックサウンドに目覚め、つ いにはビンテージのドラムマシーンでリズムの制作を始めることとなる。このマルチメディアの時代において、DJとプロデュー ス業は多くの表現の方法のうちの一つであるにすぎないと考え、動画サイトにてブロードキャストしている(現在はフランスの ケーブルテレビで放映中)Kamel Toeキャラクターでの書評や、フリーランスで広告コピーライターとしてなど、多岐方面でクリエイティブに活躍している。
彼の作りだすサウンドは、ポストデトロイト、UKガラージのボー カルのカットアップ、ミニマルでトランシーなアレンジ、テクノのキックドラム、そして桁外れのブレイクなど、まさに何でもあ りだ。これまで相容れないとされてきたものをミックスしていることが彼の特徴であり、そしてそのどれもが完成度が高く、リス ナーは彼のサウンドの虜になり、もっと聞きたくなる… 2013年3月にはついに、BRODONSKIのレーベル BROMANCEより、mini LP『Hyper Reality』がドロップされる予定で、Panteros666のミステリアスなパフォーマンスがついにヴェールを脱ぐ!