SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Pharoahe Monch from N.Y.C

Pharoahe Monch from N.Y.C

NYクイーンズ出身。90年代初頭のカリスマ的ヒップホップ・デュオ、オーガナイズド・コンフュージョン
(Organized Konfusion)のメンバーとして、相棒プリンス・ポエトリーとともに活動。
コンシャスかつ知的なリリックと独特なラップ・フロウで、メジャーのみならずアンダーグラウンド・シーンでも人気
の高いラッパー。オーガナイズド・コンフュージョン名義では3枚のアルバムをリリース、その後グループを解散、
ソロ活動を本格的に開始。90年代後期の”最重要”ヒップホップ・レーベル&ブランド=RAWKUSからリリースされたコンピ
『サウンドボミング Vol.2』に参加し、99年同レーベルからリリースしたシングル「サイモン・セズ」は、ヒップホップ・クラシックとして
爆発的なクラブ・ヒットとなる(映画『ゴジラ』サントラをサンプリングした楽曲)。この勢いととも
に同年に待望のソロ・アルバム『インターナル・アフェアー』をプライオリティ・レコードより発売。
その後も、精力的に活動、BECK、ジャスティン・ティンバーレイク、ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)、
モス・デフ、スタイルズP、タリブ・クウェリ、リンキン・パーク、メイシー・グレイ、セルジオ・メンデス
等などジャンルを問わず数々のアーティストへ幅広く客演。
2006年2月、元LOUDレコーズ(ウータン、モデ・ディープなどの90年代中期最強ヒップホップ・レーベル)創設者であり、
現SRCレコーズ(エイコン、デイヴィッド・バーナー、テラー・スクワッド、レミー・マー所属)の創設者で
もある、スティーヴ・リフキンド氏からの強力なオファーでSRCレコーズへ所属となる。