SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

REGAL

REGAL

REGALことガブリエル・カッシーナは2012年にアルバムを発表、ヨーロッパのシーンで高い評価を得て、テクノシーンの最前線に彗星の如く現れた。名門レーベルであるFigureやEnemy Recordsでのリリースを経て、近年でもっとも注目されるテクノ・アーティストとしての地位を確立した。Nina Kraviz、Len Faki、Marco Faraone, 初期に影響を受けたというEmmanuel Topなどトップアーティストたちからリミックスを依頼されるようになり、Mark Broom、Jeroen Search、Radio Slaveなどにリミックスを依頼するようになり、まさに現在のシーンでトップレベルの活躍を繰り広げている。現在はスペインを拠点としているが、出身はイタリア。REGALのキャリアはヨーロッパ全域、ベルリンにも広がり、国際的な人気を得ることができた。スタイルは様々な影響やジャンルを幅広く横断し、トランスのメロディから、アシッドなベースラインなど様々な要素を完璧にミックスし、ソウルを揺さぶるビートとメロディを奏でている。自身のレーベルであるInvolve Recordsは2012年に創立、自らの音楽やAlien RainやAmelie Lensなどとのコラボレーションを発表し、さらにBoston 168、FJAAK, Cosmin TRG、Bambounou, Z.I.P.P.O、TruncateやFabrizio Ratなどのアーティストの作品も発表している。DJとしてはREGALのダイナミックでインパクトのあるスタイルはベルリンのBerghainやマドリードのFabrikなどのビッグクラブ、AwakeningやDGTLやExhaleなどのフェスティバルなどからの信頼を得ている。