SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

RENE MARS

RENE MARS

IO(KANDYTOWN)のリリースでも注目を集める国内最高峰のプロデュース・チーム、BCDMGに所属する若手ナンバーワンなDJ、DJ CHARIがUSヒップホップのトレンドを汲む日本語ラップを中心にリリースするとこをめざし、設立した新レーベル<AIR WAVES MUSIC GROUP>。その第一弾アーティストとして契約したのが、どの派閥/クルーにも属すことなくシーン最深部でスキルを磨き、知る人ぞ知る存在として少しずつその名が都内にも知れ渡ってきたペルー生まれ/神奈川・厚木育ちで日本語とスペイン語を操るアンサインド・ハイプなバイリンガル・ラッパー。

今年初頭にアメリカの人気ミックステープ・サイト、Datpiffにてフリー作品『RENE MARS THE MIXTAPE』を派手な告知無しでリリースし、早耳な日本語ラップ・ヘッズの間でも噂が広まっていた知る人ぞ知る男。すでにクラブでも人気な先行曲“300 MY RIDE”がちまたで話題にとなり、続けて公開された来たるデビューアルバムからのリードMV ”NO GENRE ME”では音楽的世界観と共にそのキャラクターの存在感を見せつけた。